高橋太一商店

縁起物商品のマメ知識

 

<<達磨>>

達磨には各種あります

現在取り扱いのあるものは高崎達磨、名古屋達磨、埼玉達磨、

小田原達磨になります

 

達磨市で有名な高崎達磨、

現代風な川崎大師特有の名古屋だるまが人気です

 

諸説ありますが川崎大師では最初に達磨さんの右目

(向かって左)を最初に願い事と一緒にいれて頂き、

成就しましたら感謝とともにもう片方の目をいれて下さい

上のお腹に福入が群馬の高崎だるま市で有名な高崎だるまになります。

眉が鶴、ひげが亀になっていて千年、万年長寿で幸福になるとの願いが込められています

 

 

 

上のカラフルなだるまは愛知のだるまで眉、ひげの鶴亀もデフォルメされています。

関東では川崎大師以外では珍しく大師名物の一つになっています。

中に福石が入っているので振るとカラカラ音がします

 

 

上のひげのだるまは小田原の伝統だるまになります

作り手さんが少なくなってきて現在では希少なだるまさんです

 

 

紅白のだるまさんは結婚式や二次会、建前や落成式など

祝い事の席でよく用いられます

 

 

写真上が干支ダルマ、下がその年の風水のラッキーカラーをあしらった

風水ダルマになります。

どちらも高橋太一商店のオリジナル商品になります

 

 

最近はカラーだるまも人気で以前もNHKでタレントの照英さんと益若つばささんにご紹介頂きました。

風水カラーで黄色は金運。青は健康。ピンクは愛情、恋愛運など色々と

意味があります。

 

 

キティーだるまにどらえもんだるま(非売品)など変わりだるまも人気です

 

 

 

 

 

<<招き猫>>

世田谷の豪徳寺発祥の招き猫ですが

伝統的なものから現代風なものまで最近ではさまざまな種類が

あります

 

右手が災難除けと銭招き、

左手が人招きと福招きになります

 

左手が人招きのですので、ご自分でご商売をされている方は

左手を買われる方が多いです

達磨と違い毎年買い換える必要はございません


最近では両手を挙げていたり、ニコニコ笑った現代風の変わり猫も人気が

あります



<<干支、フクロウ、カエル>>

その年の十二支の干支を玄関などに飾ると福招きになるとの古くからの

伝統で干支の置物は人気があります。

焼き物から木製の干支、風水干支など各種人気がございます。


カエルは若返る、銭カエル、などと江戸時代から人気の縁起物です


フクロウは不苦労、福朗、などとこれも江戸時代から人気の縁起物です

西洋でも魔除けのお守りとして広く人気があるようです



 

<<お飾り>>

鯛、恵比寿様、宝船、お飾りなど縁起物を盛り込んだお飾りは30年前位前まではお正月に飾る家がたくさんありました。

作り手さんが減ってきたため大きいものは製作が難しくなってきましたが

レトロな雰囲気で最近は若い人にも人気があります